mochi: 2011年8月アーカイブ

(猫が喋った!)

猫。知らない動物ではない。
もちろんルートの住む村にもいる。村長の館や村の穀物庫で飼われている。
備蓄された食料を荒らす小動物を狩る事で人と共生する存在。

だが彼らと目の前の存在は明らかに違う。少年が知っている猫は喋らない。
「猫さん、どうして喋れるの?村にいる猫さんは喋らないよ?」

得体のしれないモノに対する恐怖心より幼さ故の好奇心が勝った少年の問いかけを受け、小さな体を優雅に揺らしながらルートの前までゆっくりと歩いてくる猫。

このアーカイブについて

このページには、mochi2011年8月に書いた記事が含まれています。

次のアーカイブはmochi: 2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。