読書

きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス ニJ- 22)
きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス ニJ- 22)

「きみとぼく」シリーズ3冊目。
メタ小説を読んでいくタイプになっています。
旧来のミステリ好きな人からは異端視されがちな西尾維新が付き返した答え的な一作目と同じような意図を感じます。

メタ虚構くろね子さんにドキドキしてみたり西尾氏得意の展開がいつ炸裂するかびくびくしたりしながら読むのが楽しいです。

そういえば戯言シリーズ、文庫サイズでまた売ってるんですね…ゴクリ。