6月の読書

6月というか水曜夜から高熱を出して寝込んでたので実質金曜夜から土曜朝にかけての読書。
水曜は出先から直帰だったので途中書店に立ち寄って正解でした。

 

 

〈本の姫〉は謳う 3 (3) (C・NovelsFantasia た 3-4)
〈本の姫〉は謳う 3 (3) (C・NovelsFantasia た 3-4)
煌夜祭でどハマりして作者買い決定の多崎礼氏の新刊です。
じわじわとアンガスと「俺」の話が繋がってきた感じがします。
次で最終巻ということで、盛り上がったところで終了。
早く続きを…

 

 

誰かのリビングデッド 1 (1) (C・NovelsFantasia う 2-4)
誰かのリビングデッド 1 (1) (C・NovelsFantasia う 2-4)
こちらは「ドラゴンキラーあります」のシリーズを書いてた海原育人氏の新刊。
書店に立ち寄った時点で既に38度台の熱を出していて、早く帰りたいけどとりあえずあと一冊、とタイトルと裏表紙のあらすじだけ見て買ってきて後で確認したら海原氏の本でした。いい選択眼だ(自己満足)
よくある「気づいたら騒ぎに巻き込まれちゃってるよボク」系ですが、ドラゴンキラーシリーズと同じく歯に衣着せぬ表現がいい感じです。

 

最近本を買うペースが落ちてきてるなぁ。
色々衰えてきてる気がする。